年金受給者でも申し込みはできる?

カードローンは多くの人に利用されているサービスですが、高齢者などの年金受給者も申込は可能なのでしょうか。雇用情勢や居住形態がさまざまな現代社会において、年金受給者でもまとまったお金を借り入れたい、という人は多いです。

 

しかし多くのカードローン会社では、申し込みができるのは安定した収入がある人という条件を定めています。これは、借り入れを行ったあとにきちんと返済ができるかどうかを判断する指標でもあります。

 

年金を受給している高齢者は若い世代の人たちより死亡リスクが高く、また返済のあてが年金のみであるため審査には通りにくい現状です。しかし、会社によっては年金受給者でもカードローンの申し込みは可能です。

 

注意点ですが、申込可能年齢をチェックする必要があります。銀行系のカードローンは、年齢の上限を65歳未満としている所がメインです。また消費者金融系では、69歳未満が上限となっている所が多いようです。このため、70歳以上の方の申し込みは、年金の受給額が多くても融資を断られてしまう可能性が高まってしまいます。

 

また、すでにカードローンを利用している場合でも、70歳を過ぎると追加融資が受けにくくなるという事になります。年金受給者のカードローン申し込みは決して不可能ではありませんが、制約が多いという点では気をつけなくてはなりません。

 

同じように制約の多いカードローンの利用環境として挙げられるのが、専業主婦の方の借り入れです。消費者金融系は貸金業法によって全滅と言え、銀行のカードローンでも専業主婦の方の利用は出来ないとするところもあります。そんな中でも専業主婦に対応する借り入れ先、利用先もありますので、来店不要で借りられる専業主婦カードローンの借り方で借り入れ先を調べてみると良いですね。